※緊急情報:OKプロステートチップの注文再開中!【詳細はここクリック】18歳未満の方の閲覧を堅くお断り致します。

OKプロステートチップ【ウミウシ型】を徹底調査!

※緊急情報:OKプロステートチップの受注は、不定期に一時停止しております。
これは、現在の注文状況が、生産キャパを超えているための措置です。
受注再開日時は、ページ上部赤いエリアでお知らせ中ですので、ご活用下さい!
再開後、公式ページからご購入できます!

OKプロステートチップ
↓↓公式ページはこちら↓↓
OKプロステートチップ公式ページ
OKプロステートチップ【陶器素材】の詳細はこちら

OKプロステートチップについて

OKプロステートチップを試してみたいと思っても、途中で挫折する人が、けっこういるのではないでしょうか?

  • 種類が多すぎ!!
  • しかも種類別の特徴が良く分からない!
  • 自分に合ったチップをどうやって見つけるのか分からない!
  • ウミウシ型チップが売れてるらしいけど「公式ページ」で見つからない!

「チップが欲しいけれど、何だか良く分からない!?」と言う理由で、挫折してしまっている人は、ホントにかわいそうです。

と言う事で、このページでは、今話題の「ウミウシ型チップ」について、徹底解説することにします。

ウミウシ型については、公式サイトでも明確に記載されていない状況で、開発者ブログを注意深く細かくタグっていかないと、何なのかが良く分からないと思いますので、この辺りを明らかにすることにしました。

OKプロステートチップ全般の種類とその特徴などについては、別ページにチップの選び方について解説しましたので、そちらをご覧ください!
(現在主流となっている陶器チップを中心に解説しています。)

OKプロステートチップ【陶器素材】の選び方(種類と特徴を整理しました!)
OKプロステートチップは、尿道から挿入して前立腺を直接刺激する世界唯一の画期的なチップ。そのチップのバリエーションを系統だって特徴や違い等で整理。自分の身体に合ったチップを、簡単に選べると思いますのでご活用下さい!

ウミウシ型チップとは何者なのか?

皆さん、ウミウシって知ってますか?

キレイな色をしたナマコみたいな生物で、もちろん海に生息しています。

写真のウミウシは、黄色一色ですが、赤や青など、いろんな鮮やかな色で着飾ったウミウシもいます。

ウミウシの写真

このウミウシ、英語では「Nudibranch」と呼ばれています。

直訳すると、「裸の枝」って言う感じですが、貝殻のない巻貝の仲間との事で、貝殻が無いから「Nudi」って言うんですね、きっと!

さて、本題に戻りますが、なぜウミウシ型と呼ばれているかと言うと、まさしく「形が似てる」ってことで、命名されているようです。

実は、このウミウシ型OKプロステートチップは、全て特注品なんです。

そのため、公式ページには載っていないのです。

ウミウシ型チップは、一つの特注注文から始まりました。

特注依頼者の方からの注文内容は、

特注の陶器チップを作成して頂きたいです。
括約筋ストッパー前提で使用する「ウミウシ」のような形のチップです。
もともと括約筋ストッパーなしで使用することが前提のためか、ストッパーで止まっているときの快感が、わずかながら、下がるような気がして仕方なかったです。
括約筋ストッパーで止まったときに、これなら気持ち良いだろうというものをデザインしました。(一部省略しました)
出典:https://ok-lab.hatenablog.com/entry/2019/07/20/151609

と言う事で、特注されたんですが、これがウミウシ型Ver.1となったのです。

その後も、いろいろな特注を重ねるうちに、ウミウシ型チップが増えて言った訳です。

【OKプロステートチップ】尿道に挿入して前立腺を直接刺激!
OKプロステートチップを使えば、初心者でもドライオーガズムを体験できます。メダカの様なチップを尿道に挿入して奥の方へ移動させます。前立腺に到達すればその瞬間から永遠の快感を感じられます。

尿道へのチップ挿入方法が見れます!

ウミウシ型チップの種類と主な特徴

ウミウシ型チップの種類と主な特徴を紹介しておきます。

開発ブログを見ても、まとまった情報が無く、一つ一つブログを読んでいかなければ、どんなウミウシ型チップが存在しているのかが、分かり難いと思いますので、ウミウシ型チップの写真を、ひとまとめにしました。

OKプロステートチップ【ウミウシ型】の形状比較写真

現在、9種類のウミウシ型チップがあるのですが、大きく、Ver.1~Ver.4の、4系統に分かれています。

  • 「Ver.1」チップ
    初代のウミウシ型チップで、括約筋ストッパーを使用することを前提とした時に、最大快感を得られる形状を追求したチップです。
    チップ幅が約11mmと広いのが特徴です。
  • 「Ver.1 改-1」チップ
    「Ver.1」チップの改良版で、サイズが小さ目に作られています。長さが約48mm→45mm、幅が約11mm→10mmへ変更されました。
  • 「Ver.2」チップ
    「Ver.2」チップの特徴は、チップの凹凸がハンパ無く大きくなっているところと、糸の出口が上側についているところです。
    これらによって、さらなる強い快感と括約筋への引っ掛かり性を向上させています。
  • 「Ver.2 改-1」チップ
    「Ver.2」チップの改良版ですが、「Ver.2 改-2」チップとの中間品として作成されました。
    背部分の凸の位置の違いがあるほか、幅が約10mm程度と狭めになっているのが特徴です。
  • 「Ver.2 改-2」チップ
    「これは凄い!」としか言いようがありません。
    長さが70mm以上もあり、幅も約12mmはあります!
  • 「Ver.3」チップ
    「Ver.3」チップの特徴は、幅約8mmの細身にして、凹凸も緩やかにしています。糸の位置は上側です。
    スリムになったこのVer.3なら、大丈夫そうって言う感じです。
  • 「Ver.3 改-1」チップ
    「Ver.3」チップで、凹凸を緩やかにし過ぎたかも...と言う反省?から、凹凸を強くしました。
    現在、ダントツ一番人気の、ウミウシ型チップです。
  • 「Ver.3 改-2」チップ
    ウミウシ型Ver.3をベースに、長さを53mm、幅を11mmまで大きくしたチップです。
    長さが50mmを超えるので、ロングサイズの分類に入ります。
    価格もロングチップと同じで、注文もロングチップから行います。
  • 「Ver.4」チップ
    括約筋から15mmほど膀胱側にあるスイートスポットを、強く押すために、でっぱりを追加したタイプです。
    身体の負担を少なくして長時間留置できる様に、過去のウミウシ型チップよりも小さくしています。

特注を進めていく度に、Ver.番号が上げながら、いろいろな改善が施されて来た経緯があるため、Ver.番号は特注の経緯を示す番号となっていて、刺激の強さとの相関関係がありません。

これらの特徴を良く理解した上で、ご自分に合ったバージョンを選定されると良いと思います。

【U.F.O.SA】乳首オナニー(チクニー)で最高のオーガズム
【U.F.O.SA】はハンズフリーで乳首オナニーできる優れもの。ペニスやクリトリスを弄びながらチクニーできるので男女とも最高のオーガズムを楽しめます。乳首を舐める様に責めてくれる絶品です。

ウミウシ型チップの価格と注文方法

ウミウシ型OKプロステートチップの価格は、とても嬉しいことに、ウミウシ型チップだからと言って、追加料金は無いとのことです。

「Ver.3 改-2」チップ以外のウミウシ型チップは、陶器素材セミロングタイプと同じ価格となり、「Ver.3 改-2」チップは陶器素材ロングタイプと同じ価格となります。

ウミウシ型チップは、括約筋ストッパーチップ(三穴方式オプションチップ)、またはスクリュー型補助チップ、を使用するのが前提と言う構成となりますので、その価格を合わせると以下の様になります。

ディープ奥宮の推奨は、スクリュー型補助チップを取り付ける組合せですが、括約筋ストッパーチップやスクリュー型補助チップを付属しないでも、使用することが可能ですので、お好みでご選定ください。

注文チップタイプ本体括約筋
ストッパーチップ
スクリュー型
補助チップ
手数料合計金額
Ver.3改-2以外のチップ¥4,400¥1,650¥400¥6,450
¥4,400¥3,300¥400¥8,100
Ver.3改-2チップ¥6,600¥1,650¥400¥8,650
¥6,600¥3,300¥400¥10,300

「ウミウシver3改2チップ」の本体は、全長が50mmを越えますので、セミロングではなくて、ロングチップ扱いとなり、価格帯が変わってきます。

「ウミウシver3改2チップ」ご注文の際には、陶器素材ロングチップを選択して、メッセージ欄にウミウシver3改2希望とご記入ください。

実は「Ver.2改-2チップ」の明確なところが分かっておりません。

サイズが、ロングチップレベルに当てはまると思いますので、「ウミウシver3改2チップ」と同じ扱いになるのかも知れません。
(これだけ大きなサイズを注文なされる方がほとんどおらず、事例を確認できておりません!)

その他のウミウシチップご注文の際には、陶器セミロングチップを選択して、メッセージ欄に希望のウミウシVer.番号を記入することで、注文できます。

価格につきましては、変動することもあるかと思いますので、公式ページにて、事前に確認すると共に、特注時に、毎回見積もりしてもらうのが良いと思います。

OKプロステートチップ
↓↓公式ページはこちら↓↓
OKプロステートチップ公式ページ
OKプロステートチップ【陶器素材】の詳細はこちら

括約筋ストッパーについて

「括約筋ストッパー」と言う言葉が、たくさん出てきますが、何のことだか分からない方もおられるかと思いますので、簡単に説明しておきます。

Okプロステートチップは、前立腺の中を貫いている「前立腺部尿道」に留置するのですが、その位置は、膀胱の出口部分にある内尿道括約筋と外尿道括約筋の間に挟まった部分となります。

この部分には、前立腺が存在していて、チップをその前立腺の中心部分に留置するのです。

個人差が結構ある様なのですが、この留置したチップが、膀胱方向へ引き込まれてしまう事がある様なのです。

そんな引き込み力が発生しても、チップが膀胱の中に落ち込まない様に、考案されたのが「括約筋ストッパー」です。

OKプロステートチップの括約筋ストッパーの位置の図

上の図の「20」番の部品が、括約筋ストッパーです。

チップ本体の少しあとに、取り付けられた三角形の小さなチップです。

括約筋ストッパーの代わりに、スクリュー型補助チップを取り付ける事もできます。

スクリュー型補助チップを使えば、引き込み防止の機能を発揮しながら、チップ本体を留意したままの排尿が容易となります。

OKプロステートチップを括約筋ストッパーで安定させた時の図

上の図は、括約筋ストッパー付きOKプロステートチップを、前立腺に留置した時の図です。

「20」番が、括約筋ストッパーで、「K」が外尿道括約筋と言う位置関係になります。

括約筋ストッパーが、外尿道括約筋に引っかかって、チップ本体がそれ以上奥へ入りこまない様に機能していることが分かると思います。

因みに、「A」が膀胱、「B」が前立腺部尿道、「J」が内尿道括約筋、「K」が外尿道括約筋で、その周りにある円形組織が、前立腺と言う事になります。

【ウミウシ型Ver.1】の特徴

それでは、OKプロステーチップ・ウミウシ型のそれぞれの詳細特徴を解説していきます。

OKプロステートチップ【ウミウシ型Ver.1】

「ウミウシ型Ver.1」チップは、ウミウシ型と名付けられた最初のチップです。

チップ本体が膀胱側に引き込まれた時に、括約筋ストッパーによって、チップ本体がそれ以上引き込まれずに、止まる様に設計されているのですが、ストッパーで止まった状態において、快感が薄れてしまうのを、改善するために考案されました。

具体的には、チップが引き込まれるたびに、前立腺を効率よく刺激するために、腹側のコブを細かくして、非対称の背側のコブのカーブを緩やかにしています。

厚みが11mmもあるので、かなり幅広な形状となっています。

【ウミウシ型Ver.1 改-1】の特徴

OKプロステートチップ【ウミウシ型Ver.1 改-1】

「Ver.1チップ」では、長さや幅が大きめに設定されていて、前立腺への負担が大きいと言う問題がありました。

「Ver.1 改-1チップ」では、チップ全体を少し小さめに変更して、前立腺への負担を軽減しています。

腹側のコブと背側のコブの形状は、「Ver.1」の形状を引き継いでいて、全体を小型化した感じになっています。

長さ:約48mm → 約45mm
幅 :約11mm → 約10mm

へ変更されました。

「Ver.1チップ」が大きすぎると感じる人は、こちらを使うと良いと思います。

【ウミウシ型Ver.2】の特徴

OKプロステートチップ【ウミウシ型Ver.2】

一目見て、すごいって思いませんか?

腹側のコブコブが、強力に波打っているのが分かると思います。

この段差の大きなコブのおかげで、前立腺へ強い刺激を伝えることができます。

さらに、糸の出し位置が変化しています。

よく見ると、糸がチップの中央付近からではなく、背側いっぱいの位置から出ているのが分かると思います。

この本体チップの後ろ側に、引き込み防止用の括約筋ストッパーが取り付けられるのですが、本体チップが膀胱側に引き込まれて、括約筋ストッパーで止まった時に、糸が引っ張られて、テコの様に、腹側のコブが前立腺を押す方向に、力を加えることが出来るのです。

この糸位置によって、引き込まれが発生する度に、快感に襲われるという新しい感覚を生み出しています。

良い事ばかりに見えますが、このVer.2には、ウイークポイントもあります。

取り出しが難しいのです。

過剰な?凹凸によって、取り出し時に括約筋に引っかかってしまい、なかなか抜けないのです。

ムリすると、出血することもある様ですので、注意が必要です。

排尿しながら、取り出せば、抜くことができる様ですが、「Ver.2チップ」扱いには、かなりの注意が必要だと思います。

【ウミウシ型Ver.2 改-1】の特徴

OKプロステートチップ【ウミウシ型Ver.2 改-1】

順番が逆なのですが、「Ver.2 改-1チップ」は、「Ver.2 改-2チップ」の改良版なのです。

「Ver.2 改-2チップ」が、あまりにも大きすぎたために、これを約1cmほど小さくしました。

小さくなったとは言っても、オリジナルの「Ver.2」より大きい様ですし、腹側の強力な凹凸も健在で、牙を剥きだしている感じがしますので、かなりの注意が必要だと思います。

【ウミウシ型Ver.2 改-2】の特徴

OKプロステートチップ【ウミウシ型Ver.2 改-2】

「Ver.2 改-2チップ」は、ロングサイズのチップを、ウミウシ型Ver.2で製作して欲しいと言う特注依頼があったことで、誕生しました。

長さ:約60mm
幅 :約12mm

チップ自体が長くなったことにより、腹側のコブが一つ増えていますが、強烈な凹凸は健在で、最高レベルのチップではないかと思います。

この写真を見ると、こんなすごいものをよく作ったと思うだけでなく、1cm小さめの「Ver.2 改-1チップ」が、同時開発された理由が、良く分かる気がします。

【ウミウシ型Ver.3】の特徴

OKプロステートチップ【ウミウシ型Ver.3】

「Ver.3チップ」は、「Ver.2チップ」の改良タイプです。

取り出し時に、括約筋に引っかかってしまい、なかなか抜けないことにより、出血を伴う事の無いように、強力な腹側のコブの凹凸を押さえたチップです。

全体もスリムにして、挿入のしやすさも追求しました。

「Ver.2チップ」の腹側のコブの形状と、「Ver.3チップ」の形状を比べると、一目瞭然で、「Ver.2チップ」がベースになっているとは思えない程、滑らかな形状となりました。

糸の引き出し位置は「Ver.2チップ」と同様、背側いっぱいの位置から出ており、オリジナルの形状を引き継いでいます。

【ウミウシ型Ver.3 改-1】の特徴

OKプロステートチップ【ウミウシ型Ver.3 改-1】

「Ver.3チップ」の改良版です。

「Ver.3チップ」では、腹側のコブの段差が、あまり感じられなくなるくらいまで、滑らかになったのですが、性感の面で劣ってしまったので、腹側のコブの凹凸段差を少し強めに戻しました。

これまでの特注で、紆余曲折があったのですが、結局この「Ver.3 改-1チップ」に行き着いたという感じです。

ウミウシ型チップの注文内容を見ても、現在のところ、この「Ver.3 改-1チップ」がダントツ人気ですので、総合バランスが最も整ったこのチップを、皆さんが選択しているのだと思います。

【ウミウシ型Ver.3 改-2】の特徴

OKプロステートチップ【ウミウシ型Ver.3 改-2】

「Ver.3 改-1」の先端部分と終端部分を、最大径まで幅広にして、中間のコブコブ部分の幅を狭くしたチップです。

長さ:約53mm
幅 :約11mm

長さが50mmを超えるので、ロングサイズの分類に入ります。

【ウミウシ型Ver.4】の特徴

OKプロステートチップ【ウミウシ型Ver.4】

括約筋から15mmほど膀胱側にある前立腺のスイートスポットを、強く押すために、大き目のコブを追加したタイプです。

身体の負担を少なくすることで長時間留置できる様に、これまでのウミウシ型チップよりも、一回り小さ目のチップとなっています。

長さ:約44mm
幅 :約8mm

OKプロステート【ウミウシ型チップ】の購入先

OKプロステート【ウミウシ型チップ】の購入先は、次の通りです。

Ver.3改-2以外のチップの購入先

【Ver.3改-2以外のチップ】購入先
↓↓公式詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ公式ページ
OKプロステートチップ【Ver.3改-2以外のチップ】の詳細はこちら

一番人気の「Ver.3 改-1」チップは、こちらからの注文となります。

Ver.3改-2チップの購入先

【Ver.3改-2チップ】の購入先
↓↓公式詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ公式ページ
OKプロステートチップ【Ver.3改-2チップ】の詳細はこちら

「Ver.2改-2チップ」の需要は、そんなに多くはないと思いますが、大きさから判断して、「Ver.2改-2チップ」についても、こちらのロングタイプからの注文になるものと思います。


タイトルとURLをコピーしました