A10ピストンSAが2019年6月19日よりついに販売再開

しばらく販売ができなかったA10ピストンSAが、再販開始となりました。

長い間生産が追い付かない状況があり、長らく販売が停止しておりましたが、2019年6月19日より待望の販売再開となりました。

また、いつ販売停止になるか分かりませんので、是非このタイミングでお買い求め下さい。

なお、入荷待ちのお客様もおられると言うことで、しばらくの間は「順次発送」対応するとのことですので、ご了承ください。

電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】(39.8K)
↓↓詳細情報はこちら↓↓
電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】2019年6月19日より再販開始
【A10ピストンSA】
電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】の詳細はこちら

A10ピストンSAは素晴らしい静音設計

A10ピストンSAは、ピストン運動する完全無欠の電動オナホール。

人気急上昇中のA10サイクロンSA+PLUSが、回転式の電動オナホールであるのに対して、A10ピストンSAはインナーホールが前後してピストン運動してくれる電動オナホールです。

この世界最強のピストン式の電動オナホールは、素晴らしい静音設計で、使用中に本体がブレるという事もなく、夜間に使用しても気にする必要もない設計になっているんです。

これまでの電動オナホールは、どの製品も「夜中に使用するのはムリ」と言うほどの音が発生し、とても気を使いましたし、動作中は電動オナホールが右へ左へと暴れまくり、気が散ってオナニーに集中できないという事があったのですが、このA10ピストンSAならこれらの問題がいっきに一掃されます。

A10ピストンSA

A10ピストンSAのインナーホール

A10ピストンSAのインナーホール クローバー

付属している専用インナーホールは「クローバー」。

クローバーの葉の形に似た形状になっていて、縦ヒダ刺激も付加したV溝タイプ。

横ヒダによるぞりぞり感は、なんとも言えない摩擦感を作り出してくれます。

クローバーを含めて以下の専用ホールが用意されています。

  • クローバー
    万人に愛される特性の専用ホールで、A10ピストンSAに標準付属されています。
    4つ葉形状のホールの中は、繊細な4本のV溝が筋の様につながっていて、縦ヒダとの複合刺激でテッパン摩擦を作っています。
  • スティール
    2段構えのV溝タイプで、入り口付近は細溝エリアになっていて、中ほどの狭いゾーンへ入るときに段差越える独特な感触があります。
  • プレーン
    ホールの中は四角形状となっていて、中には特別なヒダもなく、ぴったりと隙間なく包んでくれます。まったり感を味わうにはこれ。
  • フォービドゥン
    入り口付近のぞりぞりエリアを過ぎた辺りから狭くなっていき、きついヒダを乗り越える感覚が楽しめます。
  • バンプ
    狭く湾曲したホールの中は、大小のイボがランダムに配置され、かき分ける快感が最高。最奥のドームへはヒダを弾いて到着できます。

いずれも2.5Kで用意されていますので、気分に合わせて、使い分けるが良いと思います。

A10ピストンSA インナーホール

A10ピストンSAの商品説明

電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】(39.8K)
↓↓詳細情報はこちら↓↓
A10ピストンSAの内容物の写真2019年6月19日より再販開始
【A10ピストンSA】
電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】の詳細はこちら

A10ピストンSAの包装箱には、以下の内容が入っています。

  • A10ピストンSAの本体
  • 専用インナーホールの「クローバー」
  • 専用の充電アダプター
  • VORZEスムースローション(50mℓ)
  • ご利用ガイド(サンプル動画用QRコード付き)

A10ピストンSAのサイズ

A10ピストンSAのサイズは、長さ35.5cm、ホール側の幅14cm、トップ側の幅17cmのとてもスタイリッシュなフォルム!

重量は、ずっしりと来る2,350g。

これだけの機構を詰め込んだ電動オナホールですから、重いのは仕方のないところ。

A10ピストンSAの操作パネル

A10ピストンSAの操作パネルは、上の写真の通りで、電源ON/OFFスイッチが一番上にあり、中央部にはスピード切り替えボタンとパターン切り替えボタンがまとめてあります。

一番下のイジェクトボタンは、インナーホールを装着するときに使います。

スピード7段階×パターン7種類となっていて、それぞれの組み合わせが可能となっています。

A10ピストンSAモードランプの説明図

中央の一時停止ボタンは、選択された動作パターンを表示するモードランプになっていて、上図の様にランプの色から動作中のパターンを確認することができます。

A10ピストンSAを充電しているところ

充電は、専用の充電アダプターを使用して行います。

充電時間は、ゼロからフル充電で約5時間。

満タン充電状態からの使用可能時間は、約120分と十分なスペックとなっています。

A10ピストンSAのインナーホール取り外し

インナーホールを取り付けるのは、ちょっと面倒です。

まず、ホールの入り口にあるエントランスキャップを外します。

そして、イジェクトボタンを長押しすると、インナーカップが設置位置まで移動します。(イジェクト中はモードランプが赤/青の交互点滅します。)

A10ピストンSAのインナーカップを取り外すところ

写真の様に、インナーカップを反時計回りに少しだけ回して、インナーカップのロックを外して、本体よりゆっくりと引き出します。

取り出したインナーカップは半分に分割します。

A10ピストンSAのインナーカップにホールを取り付けているところ

分割したインナーカップにある6個のガイドピンに、ホールのガイド穴を通して、しっかりと固定させます。

分割した半分のインナーカップを合わせて、ホールをインナーカップの中に納めます。

A10ピストンSAにインナーカップを挿入しているところ

外した時とは逆の手順で、ホールの入ったインナーカップを、A10ピストンSA本体の穴に挿入します。

レールの凹凸に、インナーカップが合う様に注意しながら、挿入を進めます。

挿入できたら、時計回りに少しだけカップを回して、インナーカップをロックして固定します。

A10ピストンSAのエントランスキャップを取り付けているところ

インナーカップの取り付けが完了したら、ホール挿入口へエントランスキャップを取り付けます。

これで、準備完了です。

それでは、早速、A10ピストンSAを使ってみましょう!

電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】(39.8K)
↓↓詳細情報はこちら↓↓
A10ピストンSAに挿入しているところ2019年6月19日より再販開始
【A10ピストンSA】
電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】の詳細はこちら

A10ピストンSAはVR+1D対応

A10ピストンSAは、もちろんVR+1D映像との連動が可能です。

この映像とのシンクロ率は、VORZEシリーズマシンの中でもトップクラス。

A10ピストンSA用にプログラムされた動作信号で、画像の中の挿入シーンで「挿入の深さにまでシンクロしている」と言うことだそうです。

スマホを使えば、「U.F.O.SA」との使用で、A10ピストンSAとの同時刺激が可能となる「超絶シンクロ」オナニーを楽しめます。

3D画像を見るだけでもすごいのに、その3D画面を見ながら、その画像にシンクロした挿入感を味わえるなんて、ヴァーチャルな世界を飛び越えている気がします。

このハイテク商品!

ここまでマジメに、オナニーの道具を作り上げたVORZEに、感謝です。

かなり予算以上の開発費がかかってしまったとのこと。

新技術を結集して、ようやく達成したこのパーフォーマンス! お値段が高いのも納得です。

A10ピストンSAでVR+1Dを楽しんでいるところ

A10ピストンSAを使ってみる

電源を入れてスタートさせると、最低速から動き出します。

ゆっくりとした動きですが、このトルク感はすごいです。

「クローバー」の肉厚な肉肌が、強い膣圧でペニスをきっちりとくわえ込み、8cmもある大きなストロークでしごき上げてくれます。

このロングストローク構造で、ペニスの根元までも、丁寧な挿入感を感じさせてくれます。

ペニスを、ただ挿れているだけなのに、膣の肉ヒダを前後にかき分けている感触が、ペニス全体を包み込みます。

スピードを上げていきます。

徐々に、強い刺激に変わっていきます。

最高速にすると、実際の発射寸前の腰のスピードと同じくらいの速度になります。

A10ピストンSAが8cmストロークで前後している様子

A10ピストンSAは、挿入直後のゆっくりな動きから、発射寸前の動きまでを再現するマシンなのです。

7種類のピストン動作モードがあって、スピードも7段階。

個人的には、ゆっくり動作の高トルク感が、なんとも言えず最高と思います。

このゆっくりな動作は、失礼な話ですが、本当の女性よりも良いというのが、管理人の評価です。

そして、この静かな動作は、さすが最高級品と納得させられます。

普通、こんな動きをするマシンなら、ガシガシ/ジーコジーコと、甚だ興ざめな音を発するものだと思っていたのですが、これは違いますね。

内部構造が全く違うのだと感じました。

電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】(39.8K)
↓↓詳細情報はこちら↓↓
A10ピストンSA2019年6月19日より再販開始
【A10ピストンSA】
電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】の詳細はこちら

A10ピストンSAは、なぜ音が小さいのか?

A10ピストンSAは、この手の電動グッズの中では、ダントツに音が小さくて、さらにホールが左右に暴れるなどの勝手な動きもありません。

なぜなのでしょうか?

それは、A10ピストンSAは、従来製品が使用している「クランク式」とは全く違う「レールポジション式」と言う新しい方式を、採用しているからなのです。

クランク式の動作
クランク式の動作説明画像

「レールポジション式」は、レールの上に設置したインナーホールを、モーターと接続されたベルトが駆動することによって、前後に動かす仕組みのこと。

レールポジション式の動作
レールポジション式の動作説明画像

この方式は、あの3Dプリンターやスキャナーなどに使用されている方式なんです。

微細な動きを制御でき、どんな速度域でも必要なトルクが出せるだけでなく、スピードも保つことが出来て、トルクの強弱を含めた微妙な動きをさせたい電動オナホールには最適は方式なんです。

クランク式には無かった「位置制御センサー」などが必要となり、大掛かりな装置となっています。

A10ピストンSAが、この「レールポジション方式」であるからこそ、抑揚のある動きを柔らかく再現でき、まるで本当の女性であるかの様に、ゆっくりと動いたかと思うと、すぐに高速の動きとなって、シコシコと責めて来たり、さらには、挿入の深さを長短交えてきたりと...多くのバリエーションを実現できたのです。

電動オナホールが、左右や前後に暴れないのは、「レールポジション方式」にさらに、「カウンターウエイト」を付けたことによります。

インナーオナホールが、前後に動けば、本体の重心が前後に移動します。

この重心移動によって本体がブレたり暴れたりするのですが、A10ピストンSAでは、インナーオナホールが前へ移動する時には、ウエイトが後ろへ移動し、インナーオナホールが後ろへ移動する時には、ウエイトが前へ移動して、本体の重心が移動してしまうのを防止しています。

このカウンターウエイトによって、本体のブレは最小限に抑えることができました。

まるで、本物の女性の膣の中にいる感覚(それ以上の気がしますが)を、再現してくれていると思います。

スケルトンA10ピストンSAによる内部構造写真

A10ピストンSAのポリシー

2013年に開発された 原型の「A10ピストン」。

実は2年半で販売中止となってしまっていたのです。

その原因は、低速時のトルク不足でした。

その、問題点を克服するために開発されたのが、この「A10ピストンSA」だったのです。

でも、その開発段階でクランク式から脱却し、ギアモーターとベルトによる駆動を試作してみて、その緩急ある滑らかな動きをみて、開発コンセプトが変わったのだそうです。

「抜いてくれるオナホール」

機械的な動きではなく、人の様なアナログ的な動きによって、「抜いてくれるオナホール」を作るというコンセプトに変わったのです。

そして、「この商品は世界一高性能になるし、妥協だけはするな!」と言うトップからの声もあって、緩急の動きに必須なフィードバック機能や、カウンターウエイト機構、モーター熱対策のためのヒートシンクや冷却ファンなど、数々の最高技術がつぎ込まれたのです。

A10ピストンSAのベルト巻きプーリー
A10ピストンSAの位置センサー
A10ピストンSAの冷却ファン

5年もの歳月を費やしてできたこの電動オナホールの最高峰「A10ピストンSA」!

試してみませんか?

電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】(39.8K)
↓↓詳細情報はこちら↓↓
A10ピストンSA2019年6月19日より再販開始
【A10ピストンSA】
電動オナホールの最高峰【A10ピストンSA】の詳細はこちら

こちらのページも人気が高いです!