「一番下に、尿道カテーテルの導尿画像あり!!」

医療用の尿道カテーテルです!!
ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル(2.2K)の登場です。

尿道カテーテルは、導尿カテーテルとも呼ばれます。

尿道カテーテル【ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル】10Fr
↓↓詳細情報はこちら↓↓
ダブルスタイル
ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

尿道カテーテル【ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル】の特徴

ダブルスタイル-泌尿器用カテーテルは、尿道への挿入プレイや導尿プレイに欠かせないアイテムです。

尿道にカテーテルを挿入して、膀胱内でバルーンを膨らませてカテーテルを固定することが出来ます。

固定したままにしておくと、膀胱内の尿をカテーテル内の内腔によって、体外に継続的に導尿排出出来ます。

また、カテーテルの採尿用ファネルから、導尿排出するだけでなく、液体を膀胱内に送り込むことや洗浄することも出来ます。

バルーン膨張水をバルブから吸引することで、膀胱内のバルーンを収縮させて、導尿カテーテルを抜くことが出来ます。

サイズが10Fr(外径3.3mm)から18Fr(外径6.0mm)まで、5種類取り揃えてあるので、好みのサイズを選んでください。

サンプル写真は、10Fr、14Fr、18Frのカテーテルとなります。

尿道カテーテル【ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル】14Fr
↓↓詳細情報はこちら↓↓
ダブルスタイル
ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

尿道カテーテル【ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル】の使用方法

ダブルスタイル-泌尿器用尿道カテーテルの使い方は、以下の通りです。

  • 滅菌包装から尿道カテーテルを丁寧に取り出して、破損が無いかの確認をします。
  • 表示された最大容量のバルーン膨張水を、バルブから注水したり、吸引したりを数回繰り返します。
  • 最大容量のバルーン膨張液を入れた状態で、漏れや膨れ方に異常が無いかどうかを確認します。
  • 確認が完了したら、膨張水を完全に抜いて、注入器を外します。
  • 尿道口付近を消毒して、カテーテルを尿道に沿って慎重に膀胱内まで挿入します。
  • バルーンが膀胱内に挿入されていることを確認したら、注入器で最大容量の膨張水を注入します。
  • バルーンを膨張させたら、尿道カテーテルをちょっと引っ張ってみて、カテーテルが抜けなくなっているかを確認します。
  • 長期間に亘って導尿のために使用する場合には、定期的に尿道口を消毒すると共に、バルーン内部の膨張水を完全に抜き取ってから、再度、最大容量の膨張水を注入します。
  • 尿道カテーテルをテープなどで固定する場合は、尿道カテーテルを少し引っ張って抵抗のある位置から1cm~2cmほど奥の位置で固定してください。

尿道カテーテル【ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル】18Fr
↓↓詳細情報はこちら↓↓
ダブルスタイル
ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

尿道カテーテル【ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル】の使用上の注意

尿道プレイに熟知された方でないと、使用は難しく危険でも有ります。個人の責任においてご使用下さい。 怪我などの責任は一切負いかねます。

  • 尿道カテーテルは、1回限りの使用で、再使用は出来ないとお考え下さい。
  • バルーンの強度は、表示最大容量値以下での注入量で保証されていますので、最大容量を超えるバルーン膨張水を注入しないでください。
  • 尿道カテーテルの挿入や抜去するときには、バルーン内の膨張水を完全に抜き去ってください。バルーン内に膨張水が残っていると、バルーン破裂や尿道損傷の危険性があります。

導尿カテーテル概略図

尿道カテーテル【ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル】の仕様

ダブルスタイル-泌尿器用カテーテルの仕様は、次の通りです。

品番 :SM-824-10435
サイズ:10Fr 外径 3.3mm
    12Fr 外径 4.0mm
    14Fr 外径 4.7mm
    16Fr 外径 5.3mm
    18Fr 外径 6.0mm

尿道カテーテル挿入時の図

尿道カテーテルを挿入した時の図

上の図は、尿道カテーテルを男性のペニスに挿入した時に、どのような経路を通って、膀胱まで達するかを図にしたものです。

尿道カテーテルの挿入時には、尿道口から挿入したカテーテルを、長い尿道を通って奥の方へ進めます。

ペニスの奥の方まで挿入すると、尿道が曲がっている部分に到着します。

この部分は、海綿体の終わりになる辺りで、尿道球と呼びます。

その後ろにある尿道球腺(カウパー腺)と言うところから、ヌルヌルの少し塩っけのある液体が分泌される場所です。

この尿道球の辺りで、尿道は大きく上の方向に曲がっていきますので、尿道カテーテルも曲がって進んでいきます。

この曲がる尿道球の部分は、ご自分のペニスの根本部分を触っていくと、肛門の少し前でペニスのふくらみが無くなる部分がありますが、この場所になります。

余談になりますが、この尿道球の部分を刺激すると、尿道球液がより分泌されると共に、大きな快感を得られます。

尿道カテーテルをそのまま挿入し続けると、前立腺に到達します。

前立腺は、男性にとって、とても重要な器官です。

ここを抜ければ、膀胱へ到着です。

前立腺が肥大化している男性は、尿道カテーテルの挿入で前立腺を傷つけることがありますので、注意が必要です。

尿道カテーテルを着けた時の画像

尿道カテーテルを挿入すると、どんな風になるのか?

見てみたいですよね。

男性の場合は、尿道が長くて18cm~20cmもあって、曲がりくねっていますし、挿入するのが難しいです。

男性に挿入する尿道カテーテルの長さは、18cm~22cm必要となります。

麻酔ゼリーを使わないと痛いかも知れません。

女性の場合は、尿道が短くて3cm~5cm程度しかありません。

しかも、尿道はほとんど直線的に膀胱に向かっていますので、挿入するのはやりやすいです。

女性に挿入する尿道カテーテルの長さは、4cm~6cmあれば十分です。

これ以上の長さを挿入すると、尿道カテーテルの先が膀胱膜に当たることになりますので、6cm以上は絶対に挿入してはいけません。

まずは男性の尿道カテーテル挿入の画像からお見せします。

尿道カテーテルを男性ペニスに挿入した時の画像

尿道カテーテルを入れるために尿道口を大きく開いているところ

上の画像は、尿道カテーテルをペニスに挿入する前に、ジェルを尿道口から少し入れて、尿道口を広げて、尿道カテーテルを挿入する準備をしているところの写真です。

ジェルを尿道口に入れるか、カテーテルに塗るのか、議論のあるところですが、管理人としては、両方にジェルを使うのをおススメしています。

ジェルを尿道口に入れるには、シリンジを使うのが簡単で良いです。 一度お試しください。

尿道カテーテルをペニスの尿道口へ挿入しようとしている写真

次の画像は、ジェルを付けた尿道カテーテルを、ペニスの尿道口へ近づけて、これからまさに挿入しようとしているところの写真です。

指で亀頭を少し引っ張りながら、尿道口を大きく広げて、尿道カテーテルが入りやすいようにして、挿入を開始します。

尿道カテーテルが半分程挿入された状態の写真

次の画像は、ちょっと痛々しいですが、先ほど挿入した尿道カテーテルを、徐々に奥へ挿入していくところの写真です。

最初に尿道口に入れたジェルや、尿道カテーテルに付けたジェルが、尿道口から溢れているのが良く分かります。

尿道カテーテルには、このくらい溢れる程度にジェルを塗っておくか、事前に必要な量のジェルを尿道口に入れておくことが必要です。

そうでないと、相当な痛い思いをすることになります。

この男性の場合、このまま最後まで尿道カテーテルを挿入し終わって、導尿できるようになりました。

尿道カテーテルを女性の尿道口に挿入した時の画像

女性のの尿道は、男性に比べて4~5倍も短くて、まっすぐなので、尿道カテーテルを比較的簡単に挿入することができます。

マンコ周辺を、きれいに消毒してから、ジェルをつけた尿道カテーテルを挿入していきます。

女性の尿道口へ尿道カテーテルを挿入しようとしているところ

上の画像は、尿道カテーテルを女性の尿道口にあてがって、まさに挿入しようとしているところです。

女性の尿道口へ尿道カテーテルの先を挿入したところ

次の画像は、尿道カテーテルの先を尿道口に入れたところの画像です。

このあと、尿道カテーテルを奥の方へ進めていきます。

尿道カテーテルが挿入されてシリンジで膀胱内のバルーンを膨らませているところ

次の画像は、尿道カテーテルが膀胱内まで入ったところで、シリンジを接続して、膀胱内のバルーンを膨らませているところの写真です。

シリンジで、必要な量の膨張水を挿入して、シリンジを抜き取ると、膀胱内のバルーンは膨張したまま、膀胱内に留まるので、尿道カテーテルが抜けることは無くなります。

尿道カテーテルを軽く引っ張ってみて、膀胱壁にバルーンが当たって、抜けないことを確認してください。

女性の尿道に尿道カテーテルが固定された状態の画像

次の画像は、尿道カテーテルのバルーンを膨張させて、固定が完了した時の写真です。

この状態になれば、女性は移動したり、動き回ったりしても、尿道カテーテルは外れることが無く、安心してカテーテルが使用出来る様になります。

尿道カテーテルを通じて導尿しているところ

導尿カテーテルを挿入した女性の膀胱からは、自然に尿が流れ出てきます。

上の画像は、その導尿中の写真です。

尿道カテーテルの排尿用ファネルから、尿が排出されているところを見ることが出来ます。

尿道カテーテルを通じて導尿して洗面器に尿を集めているところ

こちらの画像も、導尿中の女性の写真で、尿道カテーテルの排出ファネルから、尿が排出されています。

布団の上なので、洗面器に尿を集めています。

女性に挿入された尿道カテーテルを外す時の画像

次は、女性に挿入された尿道カテーテルを抜くところの画像です。

尿道カテーテルを抜くのを待つ女性患者

上の画像は、治療が終わって、これから尿道カテーテルを抜く女性の写真です。

現在の女性の状態は、尿道カテーテルが、膀胱内にあって、尿の排泄を自動的に行っている状況です。

尿道口から出ている尿道カテーテルは、お尻の下を通って、画像の左下へつながっているのが分かります。

女性患者に尿道カテーテルがついた状態の写真

上の画像は、尿道カテーテルを外すために、女性患者さんの股を開いてもらった時の写真です。

小陰唇に挟まれてしまっているので、尿道口は見えませんが、尿道カテーテルが女性のマンコから、出ているのが良く分かります。

女性患者の尿道カテーテルのバルーンファネルにシリンジをつないてるところ

女性に股を広げてもらったら、尿道カテーテルのバルーンファネルに、シリンジを接続して、膀胱内の膨張水を抜き取る作業を行います。

女性女性患者の尿道カテーテルから膨張水をシリンジで抜いているところ

この際、バルーン内の膨張水は、完全に抜き取る様にします。

膀胱内のバルーンに、膨張水が少しでも残っていると、尿道カテーテルを抜き取る際に、尿道損傷の危険性がありますので、注意が必要です。

女性患者の膀胱内に入っている尿道カテーテルを抜き取るところ

膨張水を完全に抜き取ったら、尿道カテーテルに手を添えて、引っ張り出します。

女性の場合、膀胱までの距離も短く、尿道が真っすぐなので、「スルっ」と抵抗なく抜けます。

男性の場合は、尿道カテーテルを抜く時も、痛みを伴います。

ゆっくりとやさしく、抜いていく様にしましょう。

尿道カテーテル【ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル】10Fr
↓↓詳細情報はこちら↓↓
ダブルスタイル
ダブルスタイル-泌尿器用カテーテル

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!