コスパ最高のHMD(VRヘッドマウントディスプレイ)です。十分な機能を持ちながらこの価格!!
OL VR(オーエル・ブイアール)(3.4K)の登場です。

HMD【OL VR(オーエル・ブイアール)】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
OL VR(オーエル・ブイアール)
OL VR(オーエル・ブイアール)

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

HMD【OL VR(オーエル・ブイアール)】の特徴

VR(ヴァーチャル・リアリティ)という言葉が広く世の中に浸透したのは2016年。

アダルト分野以外の一般のゲームメーカーからも、話題のハードが発売されました。

その中でも群を抜いて多いハードが、HMDです。

HMDは、VRヘッドマウントディスプレイの略で、Head Mount Displayの頭文字をとったものです。

文字通り、頭に表示機器を備え付けて実装する装置と言うことになります。

各社から新製品が発売されて、ゲーム業界が活性化しています。

そのHMDをアダルトに取り入れたのが、アダルトVR。

アダルトVR

アダルトVR(ヴァーチャル・リアリティ)画像は、3D立体画像とステレオサウンドで、まるで実際に目の前に本当の女性がいるかの様に見える画像の事です。

3D画像は、3Dテレビなどでも見ることが出来ますが、HMDの臨場感は特別です。

目の前の女性に、手を伸ばして触りたくなる様な感じになるんです。

今回ご紹介するのは、HMD【OL VR(オーエル・ブイアール)】。

まだ、HMDを使ったことの無い人が最初に購入するのに、ぴったりな商品です。

数万円のHMDがたくさん発売されている中で、破格の3,390円。

1,000円程度で購入できる商品もあるのですが、段ボール製だったり、レンズが良くなかったり、ピントが合わなかったり...

安物はやはり安物なんですね。

最初に試しに買ってみようと思う人でも、ピントばっちりで、良い画像が見れて、十分な堅牢性のある商品の方が良いに決まっています。

OL VR(オーエル・ブイアール)HMD横サイズ

このHMD【OL VR(オーエル・ブイアール)】は、そんな要望のある人に、ピッタリの商品です。

HMDの性能を一番左右するのは、スマホの画像を3D画像に変換してくれるレンズです。

【OL VR(オーエル・ブイアール)】のレンズは、他の商品に比べて広角のレンズを使用しているので、スマホのフレームの隅々まできちんと見える設計になっています。

メガネの人も心配ご無用!

メガネをしながら、HMDを装着する必要はありません。

メガネを外して、裸眼で【OL VR(オーエル・ブイアール)】を装着してください。

近視や遠視の人でもそのままHMDを装着してから、ピント調整することで、ばっちり焦点を合わせることが出来ます。

OL VR(オーエル・ブイアール)HMD縦サイズ

さらに、左右の目の幅も、自分のサイズにぴったりと合わせることが出来るので、どんな方でもぴったりピントでアダルトVR画像を楽しむことが出来る様になります。

左右から伸びたヘッドホーンは、音が漏れにくい設計になっているので、臨場感の中に浸ることが出来る様になり、外部からの音にも悩まされることはなくなります。

このHMD【OL VR(オーエル・ブイアール)】は、アダルトVR用の用途としては、最高のパーフォーマンスに近いのに、お値段はお買い頃なので、最高のコストパーフォーマンスのベストバイと言えます。

是非、お試しください。

HMD【OL VR(オーエル・ブイアール)】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
OL VR(オーエル・ブイアール)
OL VR(オーエル・ブイアール)

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

HMD【OL VR(オーエル・ブイアール)】の使用方法

【OL VR(オーエル・ブイアール)】へのスマホの装着方法は、とても簡単。

フロントパネルの蓋をパカっと開けて、スマホを装着するだけです。

フロントカバーに入っているイヤホーンプラグをスマホに差し込みましょう。

(iPhoneの場合は、イヤホーンコードが長く伸びて、ジャックがゴーグルの右側になる様にセットしてください。)

OL VR(オーエル・ブイアール)HMDスマホの取り付け方

フロントカバーの蓋を閉めれば、とりあえず準備完了です。

まずは、3D画像を再生して、見てみることにしましょう。

【OL VR(オーエル・ブイアール)】を頭にかぶってみましょう。

OL VR(オーエル・ブイアール)HMDをかぶったところ

ヘッドホーンの位置が前後できるので、耳にぴったりフィットする位置に固定します。

肝心の3D画像をきれいに見るために、ピント調整と左右の目の間隔を調整します。

ピント調整は、ゴーグルの左右につまみがありますので、このつまみを回して合わせます。

左右の目が独立になっているので、左右の度が違っている方でも、ばっちりとピント調整が可能です。

OL VR(オーエル・ブイアール)HMDピント調整方法

目の幅の調整は、ゴーグルの上側の中央にあるダイヤルで合わせることができます。

これで臨場感のある3D画像と音声を、最高のコンディションで楽しむことが出来る様になりました。

後は、ソフトを再生して、楽しむだけです。

HMDの使用中に電話がかかってきたらどうする?

【OL VR(オーエル・ブイアール)】には、アダルトVRの鑑賞中に電話がかかってきても、対応できる装置が付いているんです。

ゴーグル部分の右下側に、スイッチが3つ付いていて、両端の2つのボタンは、音量調節用のボタンですが、中央のボタンは、通話ボタンになっていて、アダルトVR画像を見ている時に、電話がかかってきても、このボタン一つで着信・通話が可能となります。

OL VR(オーエル・ブイアール)の通話ボタン説明

とても便利な機能ですので、事前にどのように動作するのか、確認しておくことをお勧めします。

アダルトVR視聴中に、いきなり電話がかかって来ると、あたふたしてしまいがちですから...

おすすめの別売り商品

【OL VR(オーエル・ブイアール)】は、画像を見るためにスマホを使いますが、スマホをゴーグルの本体に装着してしまうと、スマホの操作が不自由になってしまいます。

そうなんです。タッチできないんです!

アダルト動画を、ずーっと見るだけなら、何もいらないのですが、一時停止したり、早送りしたり、巻き戻ししたり、したくなりませんか?

HMDリモコン

そんな時に便利なのが、HMD快適リモコンです。

別途紹介していますので、そちらを参照してください。

スマホを使用するHMDを使用するなら、このリモコンは絶対におすすめです。

それから、+1Dのマークの入った動画を見る時に、動画と連動して動作してくれるオナホール(A10サイクロンSA)や乳首バイブ(U.F.O.SA)があります。

OL VR(オーエル・ブイアール)+1D連動動作商品

動画の進行に合わせて、まさにその時と言うときにオナホールや乳首バイブが同期して動いてくれます。

これらを使えば、臨場感は最高潮!

射精してしまうのがもったいないと思うほどの満足感を得られますよ。

これらも別途紹介していますので、そちらを参照してくださいね。

HMD【OL VR(オーエル・ブイアール)】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
OL VR(オーエル・ブイアール)
OL VR(オーエル・ブイアール)

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

HMD【OL VR(オーエル・ブイアール)】の仕様

HMD【OL VR(オーエル・ブイアール)】の仕様は、次の通りです。

筐体:165×83mmまで(画面:4.7~6.2インチ相当)
全長:22cm 高さ10.4cm

詳細はこちら


【A10サイクロンSA】と連動するアダルトVR動画はこちらから入手できます!!

↓↓PCの方はこちら↓↓
アダルトVR動画とオナホ・バイブが連動する動画配信サイトのADULT FESTA

↓↓スマホの方はこちら↓↓
アダルトVR動画とオナホ・バイブが連動する動画配信サイトのADULT FESTAアダルトVR動画配信サイトの【ADULT FESTA