前立腺マイクロチップとは

前立腺マイクロチップとは、尿道にガラス製の長さ3cm、最大幅6mm~8mm、厚さ2mmのメダカの様なサイズで、前立腺を直接刺激し、ドライオーガズムを感じるために開発された尿道グッズです。

樹脂素材のものもありますが、スムーズな前立腺への挿入を考えると、ガラス製の前立腺マイクロチップの方が大きく勝っています。

魚のような扁平な形をしている事により、前立腺マイクロチップを体内に残したまま、排尿することも出来ますし、射精することが出来ます。

尿や精液は、扁平な形のおかげで、チップの周りを流れてくれるのです。

前立腺マイクロチップ
↓↓詳細情報はこちら↓↓

前立腺マイクロチップ

この前立腺マイクロチップは、マニアックな世界で、尿道プレイの熟練者が使うものという事ではありません。

尿道プレイ初心者が、尿道へ挿入して、前立腺を直接に刺激して、女性が感じる快感と同等の快感を得られるものです。

尿道に太い管を、外からの力で、入れていく様なタイプではなく、自分の指で、ミルキングしながら、マイクロチップを尿道内に進めていく挿入方法となります。

体内の感じる場所を、自分の指で前立腺マイクロチップを動かしながら探る時には、女性が感じる部分を触れて自慰しているのと、同じような感覚になります。

前立腺マイクロチップを尿道から挿入し前立腺にハマった状態の説明図
A:膀胱  B:前立腺部尿道  C:球部尿道  D:振子部尿道  E:外尿道口  J:内尿道括約筋  K:外尿道括約筋  L:射精管  10:前立腺マイクロチップ  30:補助チップ  31:セーフティチップ  40:連結紐

チップには、手術用の丈夫な糸が埋め込まれているので、これを体外から引っ張る事で、安全に取り出しが可能です。

前立腺マイクロチップ
↓↓公式ページはこちら↓↓

前立腺マイクロチップの詳細はこちら

前立腺の直接的刺激による快感

前立腺マイクロチップは、前立腺を前立腺尿道から直接刺激します。

前立腺へのアプローチとしてお馴染みの肛門からの刺激は、マッサージ効果程度のもので、とてもソフトなものです。

それに比べて、前立腺マイクロチップは、前立腺尿道に直接入り込み、前立腺を直接刺激しますから、その効果は絶大です。

前立腺尿道には、射精管や前立腺管の開口部があって、そのすぐ下にはカウパー腺の開口部があると言う様に、重要な器官の出口が密集している部分を直接刺激することになります。

ですから、単なる性的な快感を超越した快感を体感できることがあります。

管理人は、まだこの域までは行っていませんが、空中に浮いている感覚を味わうことが出来るそうです。

この感覚を味わってしまうと、前立腺マイクロチップの無い生活が出来なくなるそうです。

管理人の場合も、すでに習慣性があります。

朝起きて、排尿を済ますと、前立腺マイクロチップを入れたくなります。

禁断症状が出ると言う事では無いのですが、何というか、身体の奥の方からジンジンして来る感覚があって、「前立腺マイクロチップを入れたい」と言う気持ちがわいてくるのです。

こんな気持ちになりたくない...と言う人には向いていませんので、違うアダルトグッズにしましょう。

前立腺マイクロチップ装着で頭が冴える

これは公式ページでも記述されている事なのですが、前立腺マイクロチップを前立腺に装着すると、頭脳の働きがてきめんに良くなって、すべての活動が素早く効率的に処理できるようになります。

頭がとっても冴える感じなんですね。

前立腺と大脳の関係は良く分かりませんが、事実このような事が起きます。

昼間の間は、前立腺マイクロチップを装着することで、快感を楽しむだけでなく、とても爽快な気分で仕事などもテキパキと進められる優れものです。

そんなこともあるので、次の日の朝に、また挿入したくなるのだと思いますが。

ミルキングマイクロチップ
↓↓詳細情報はこちら↓↓

前立腺マイクロチップ

前立腺マイクロチップの素材

前立腺マイクロチップの素材には、樹脂とガラスがあります。

尿道カテーテルを導入する時などは、カテーテルにローションをたっぷりとつけて、尿道口からもローションをあらかじめ入れた状態で、尿道へ入れていきますので、スムースな挿入が可能になるのですが、樹脂製の前立腺マイクロチップは、短いものでは25mmくらいしかないので、尿道へ挿入して5cmくらいも進めば、ローションは無くなってしまい、動きが鈍くなってしまいます。

マイクロチップを尿道口まで戻して、またローションをぬって挿入すれば、今度は10cmくらいまでは進むのですが、またローションが無くなってしまって、動きが鈍くなってしまいます。

こんな状況ですから、ローションが無くても、スムーズに尿道の中を移動できる素材を試した結果、ガラスと言う素材にたどり付いたと言う事です。

ローションをぬって、前立腺尿道にたどりついても、排尿することでローションが無くなってしまいますから、尿の潤いだけで尿道内を移動させる必要が出てきます。

この要求に対応できる素材は、現在までのところガラスだけと言う事です。

前立腺マイクロチップの公式ページでは、樹脂製のマイクロチップも販売していますが、必ずガラス素材のミルキングマイクロチップを選びましょう。

前立腺マイクロチップ
↓↓詳細情報はこちら↓↓

前立腺マイクロチップ

前立腺マイクロチップ挿入の準備

前立腺マイクロチップ挿入前の準備ですが、主に2つです。

  • 滅菌などして清潔にする。
  • 尿道内に潤いを持たせる

実際に、滅菌まではしなくても、水洗い程度で現実的には問題ないと言うレポートもありますが、管理人はやはりミルキングマイクロチップを滅菌処置をしてから使うことにしています。

最も身近で簡単なのが、煮沸滅菌です。

ぐつぐつと煮ることが出来ないなら、沸騰したお湯の中に数分間付け置くことで良いです。(この場合、必ず沸騰したお湯をたっぷりと使います。)

手をきれいに洗って、滅菌ガーゼなどで亀頭部分をきれいに拭き取ります。

そして、これはあらかじめしておいた方が良いですが、尿道に潤いを持たせましょう。

性的興奮を寸止めして下さい。

あるいは、ペニスの根本付近の折れ曲がって体内に入っていく部分(肛門のすぐ近くのところです)をマッサージしてみましょう。

何とも言えない快感があって、カウパー腺からヌルヌルの液体が出てきます。

このカウパー腺から出てきたヌルヌルが尿道内にあれば、するっと前立腺マイクロチップを前立腺まで誘導できます。

前立腺マイクロチップの尿道への挿入方法

前立腺マイクロチップは、ミルキングによって尿道内を誘導しながら、最終的に前立腺の中を貫く前立腺部尿道まで送り届けます。

まず、清潔な手で、前立腺マイクロチップを尿道口から挿入します。

前立腺マイクロチップ挿入画像

チップが全部入ったら、さらにもう少し奥まで、小指で押し込むか、綿棒などで出来るだけ奥まで押し込みます。

前立腺マイクロチップが、あまり奥まで入っていない状態で、ミルキングを始めると、チップが尿道口の方向へ進んでしまい、飛び出すことがあるので、できるだけ奥へ押し込むのが、コツです。

綿棒を使えば、数cmは押し込めますので、やってみて下さい。

前立腺マイクロチップ挿入画像

そこまでできたら、ミルキングを始めます。

尿道内にある前立腺マイクロチップのふくらみを指で感じながら、尿道部分のペニス裏側を指で亀頭方向から根本方向に向けてスライドさせて、チップを尿道の奥の方向へ進めていきます。

前立腺マイクロチップは、あてがった指を、逆に尿道口方向へスライドさせると、排出できますので、初めての時はその動きも確認しておきましょう。

尿道口から2cmから3cm程入ったところと、玉袋付近のペニスがだらっとした時に下に向けて曲がる部分の尿道は、少し狭くなっているので、チップの進み具合が鈍いですが、そこを越えると、尿道が広くなっている球部尿道にたどり着けます。

上手く進めない場合には、ローションをぬって、もう一度トライしてみましょう。

ペニスの根本付近の蟻の門渡りの部分まで来ると、尿道の太さが広くなりますので、簡単に進行できるようになります。

前立腺マイクロチップ挿入画像

補助チップが尿道口から3cm~4cmくらいの位置に来るこの写真の状態で、前立腺マイクロチップが球部尿道に届いた状態です。

さらに前立腺マイクロチップを進めると、外尿道括約筋の直前まで到着できます。

この括約筋は、なかなかの関門です。

外尿道括約筋は、おしっこする時に、締めたり緩めたりを自分の意思で動かす筋肉です。

自分の意思で緩めたりすることが出来るのですが、どのようにしたら緩むのかのコツはなかなか分かりません。

無理に括約筋を開いて、尿道内を推し進める事になるので、入った瞬間痛みと共に何とも言えないキュンとした感覚を感じます。

この感覚があれば、前立腺マイクロチップが外尿道括約筋を開いたと分かります。

前立腺マイクロチップ挿入画像

尿道マニアさんなら、ロングタイプの前立腺マイクロチップを使って、さらに奥まで進み、膀胱の出口部分にある内尿道括約筋を抜けて、チップの先が膀胱に顔を出す様にセットします。

内尿道括約筋は、自分では制御できない筋肉ですが、この筋肉を開くときも痛みと共に、何とも言えない感覚を味わうことが出来て、これが病みつきになるのだそうです。

写真は、外尿道括約筋を開いて、前立腺マイクロチップが前立腺部尿道まで届いた状態です。

慣れていなくて、外尿道括約筋を突破できない時は、そのままの状態で終わりにして、また後で挑戦しましょう。

その場合、抜け出し防止用の補助チップを自分で尿道口から挿入して完了とします。

前立腺マイクロチップ挿入画像

ペニスが勃起すると、補助チップが尿道の奥の方へ吸い込まれていくのが分かります。

前立腺マイクロチップ
↓↓公式ページはこちら↓↓

前立腺マイクロチップの詳細はこちら