仮性包茎の人が待ち望んでいた!!装着感抜群の亀頭露出のための仮性包茎矯正器具が登場!!
サフィット(4.6K)の登場です。

仮性包茎矯正器具【サフィット】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
サフィット
サフィット

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

仮性包茎矯正器具【サフィット】の特徴

仮性包茎矯正器具【サフィット】は、仮性包茎の人が待ちに待った商品です。

マイラップや黄色いリボンで、良い結果の出なかった人が多くいるのはないかと思いますが、このサフィットはその問題点を改善した究極の仮性包茎矯正器具と言えます。

今までの仮性包茎矯正器具は、次の問題点がありました。

  • 痛くて我慢できなくなり、継続できない。
  • 仮性包茎の皮が長めの人は、リング等を皮が越えて亀頭にかぶってしまい、効果が薄かった。
  • 中度以上の人が無痛で使用できるアイテムは、外出時に使用できるものではなかった。

サフィットは、これらの問題点を一挙に解決したのです。

リング状の仮性包茎矯正器具は、装着すると、亀頭のカリの部分の湿り気で、リングがカリ部分に貼り付いてしまったり、平常時は緩いのに、勃起時にはきつくて痛くなる様な事が多かったのですが、サフィットは装着しても、勃起時を含めて、装着したことを忘れてしまうほど、違和感がないのです。

サフィットの素材は、可能な限り軟度の大きい高級シリコン材を使用しているので、装着した後に勃起しても、伸縮性に優れているので、柔軟に対応してくれて、違和感を感じません。

亀頭のカリ部分に使用するリングは、S/M/Lの3つのサイズから選ぶことが出来て、自分の亀頭のサイズにぴったり合ったリングを選ぶことが出来ます。

仮性包茎矯正器具【サフィット】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
サフィット
サフィット

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

サフィットの構造は、2重のリング構造になっていて、亀頭カリ部分に装着する小さめのリングと、竿本体部分に装着する大きめのリングの間に、余った皮が収納されます。

仮性包茎は、余分な皮が亀頭にかぶさった状態ですが、このサフィットを装着することで、平常時と勃起時のいずれの状態でも、確実に皮をめくった状態を維持することができます。

皮をめくった状態にして、大小のリングの間に集められた皮は、しわしわになって集まっている状態になります。

この皮のしわは、常に一定の場所に出来る様になり、時間の経過と共に、皮のしわが定着してきます。

完全に、このしわが皮に定着すると、サフィットを装着しなくても、皮が亀頭の方にかぶさることが無くなります。

手術などをせずに、包茎を治すことができるのです。

しわの定着までの時間は、皮の長さなどの違いによって、人それぞれになりますが、早い人で1ヶ月くらい、重度の仮性包茎の人ですと1年くらいはかかる様です。

1年は、毎日装着してみると言う意気込みで、使ってみてください。

この商品は仮性包茎の人向けの商品です。真性包茎やカントン包茎の人はこの商品では矯正できません。

皮がむけない様な包茎の方は、ただちに病院へ行って手術を受けることをお勧めいたします。

包茎治療全般については、包茎治療に関するページを参考にしてください。

仮性包茎矯正器具【サフィット】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
サフィット
サフィット

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

仮性包茎矯正器具【サフィット】の使用方法

仮性包茎矯正器具【サフィット】の使い方は、とても簡単。

説明書に従って、リングと部品を組み立てて、ペニスに装着するだけです。

4つのリングがありますが、一番大きなリングがリアリングで、竿の根本側に取り付けるリングとなります。

残りの3つのリングは、亀頭のカリ部分に使用するリングです。

自分のサイズにあったフロントリングを、この3つのS/M/Lのサイズから選んで装着します。

フロントリングの選定方法は、亀頭のカリの部分にハメてみて、平常時には少し緩くても外れなくて、勃起時にはきつくて痛くならないものを選んで下さい。

組み立て方は、説明書に従ってください。簡単に組み立てることが出来ます。

組み立てたら、ペニスに装着します。

皮をむいて、装着することになります。

皮をむいた時に、亀頭部分やカリの部分が不潔になっている様でしたら、濡れタオルなどでふき取ってきれいにしましょう。

恥垢がある場合には、お風呂に入ったときにでも、指で擦って恥垢を取り除きます。

恥垢の掃除は、お風呂で定期的にした方が良いでしょう。

仮性包茎矯正器具【サフィット】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
サフィット
サフィット

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

サフィットの装着は、大きい方のリアリングをペニスの根本方向へ、小さい方のフロントリングを亀頭のカリ部分に装着します。

皮をむいた状態で、装着します。

2本の橋渡し棒がくっついた様な形状の棒を、尿道のある裏筋部分に合わせて、あてがいます。

リアリングが、想像よりも大きい感じがして、ペニスの皮を抑える感じよりも緩いのですが、その状態がベストな状態です。

皮をむいていた指を外すと、皮がペニスの先端方向へ戻ろうとしますが、フロントリングと3方向に取り付けられた橋渡し棒に妨害されて、亀頭まで戻ることが出来なくなります。

装着は、終日行うのが良いです。

外出時のトイレで、誰かに見られるかもしれないと思われるかもしれませんが、サフィットは、ほとんど目立たないので、装着したままで小用を足すのに問題は無いと思います。

気になる人は、外出時は装着を避けて、夜に限定して使用することでも良いですが、使用時間が短くなることから、その分だけ改善するまでの時間がかかってしまいます。

亀頭と皮の乾燥させて早期定着させるために、パンツはムレの少ないトランクスパンツをお勧めします。

サフィットを装着してから、早い人では1ヶ月くらいで、むいた皮のしわが定着して、亀頭部分に戻らない様になります。

完全に皮がもどらなくなったら、サフィットはお役御免です。

晴れ晴れとした亀頭で、自信を持った生活を謳歌しましょう!!

(皮が戻ってくることもあるので、サフィットは捨てないで保管しておきましょう。)

仮性包茎矯正器具【サフィット】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
サフィット
サフィット

タップ安全確認済み! 新しいタブは開きません!

仮性包茎矯正器具【サフィット】の仕様

仮性包茎矯正器具【サフィット】の仕様は、次の通りです。

ロング  (商品コード2734-1):通常時で、ペニスの根元から亀頭のくびれまでの長さが3cm以上の方用
レギュラー(商品コード2734-2):通常時で、ペニスの根元から亀頭のくびれまでの長さが2cm以上の方用