オナホール(オナホ)の仲間として、5つの種類を特集しましたので、まずはその特徴などをご確認ください。

肉厚と膣圧「金の萌天」 非貫通

オナホール(オナホ)の種類

シンちゃん_喜ぶオナホール(オナホ)の種類を説明しますので、参考にして下さい。
当サイトでは、オナホール(オナホ)を以下の5種類に分類して紹介しています。

オナドール、ラブドールやダッチワイフは、最初からオナホールが装着されているもの以外に、大切な部分にオナホール(オナホ)を自分で装着して使用するものなど、色々なタイプのものがあり、手で持つタイプのオナホール(オナホ)とは違うものだと言う方もおられるかと思いますが、勃起したペニスを挿入して使用する大人のおもちゃであると言う事で、当サイトでは、これらを全てまとめて、オナホール(オナホ)の仲間としました。

貫通型オナホールと非貫通型オナホールの特徴

貫通型オナホールと非貫通型オナホールは、いずれも手に持って使用できるサイズのオナホールです。
味気ないものが多いですが、女性の膣口や処女膜があったりするものもあります。
貫通型と非貫通型の違いは、オナホールの膣口の反対側に空気口が開いているかどうかの違いになります。

オナドールの特徴

オナドールは、胴体が再現されていたり、臀部が形作られていて、手持ちタイプのオナホールよりも女性を感じられるタイプのものになります。
オナドールの多くは、膣口とアナルの2穴タイプなので、気分次第でどちらかを選ぶことが出来ます。
場合によっては、両方を一度に楽しむなんてことも出来ますよ。

ラブドールの特徴

ラブドールは、オナドールよりもさらに詳細に女性の体が再現されているものを言います。
ラブドールには、乳房がついているだけでなく、頭部の付いているものも多くあり、膣口、アナルに加えて、口もホールとして使える3穴タイプのものがあります。
ラブドールの場合、ペニス挿入時にペニス自身への刺激だけでなく、挿入時にラブドールの臀部に突き当たる感覚とその重量感がホンモノの女性を感じさせるので、単なるホールとは違った本当のセックス感を味わう事ができます。
気分次第で色々な体位で楽しむことが出来るので、楽しみ方がたくさんあるのも特徴です。

ダッチワイフの特徴

ダッチワイフは、オナドールやラブドールのさらなる進化形です。
手足も付いたお人形タイプのものをダッチワイフと呼んでいます。
お値段は高くなりますが、5体満足ですから、本当の女性の様に扱って楽しむことが出来ますよ。
このダッチワイフは、ラブドールと同様に、3穴タイプのものが多く、膣口、アナルと口で楽しめます。
可愛いお人形さんタイプのものは、部屋に飾っておけば、それだけで存在感があり、ダッチワイフと充実した日々を過ごせます。

ダッチワイフのダッチはオランダを意味しています。
変ですよね。
どうしてオランダを意味する言葉が、ダッチワイフに付けられたのか...?

これを理解するのは、相当昔に遡らないと行けません。
長崎の出島って知っていますか?
昔、社会の授業で習いましたよね。あの出島です。
オランダとの貿易を許可されていて、出島にはオランダ人が多く居たのですが、出島は女人禁制だったのだそうです。
そして、出島に出入りできる女性は遊女だけ。

もともと、オランダ人の奥さんをダッチワイフと呼んでいたのですが、出島に出入りできる女性が遊女だけだと言う所から、ダッチワイフは性的な意味を持つようになり、これがダッチワイフの名称の起源だと言う事らしいです。
別の説もある様ですが、この説がダッチワイフの最ももっともらしい起源であると思っています。
参考まで...

オナホールの使い方(貫通型)

シンちゃん_喜ぶ貫通型オナホールは、挿入口の反対側のホールが向こう側に抜けている構造のものです。
逆側からの挿入できるタイプのものや、商品によっては、ホール部分を裏返してリバーシブルで使用できるものなどもあり、色々なアイデアでオナホールを飽きないで使用できます。

貫通型オナホールの向こう側のホール出口を手で押さえるとか、小さなボールをホールに入れてオナホールの出口を塞ぐと、非貫通型オナホールと同じ状態になるので、貫通型でもバキューム感覚を得ることが出来ます。
工夫一つで、色々な刺激を体験できる事になります。

そして、なんといっても貫通型オナホールのメリットは、使用後の洗浄が簡単と言う所にあります。
いつも清潔に使用できるので、おススメです。

 貫通型オナホールのページへ

オナホールの使い方(非貫通型)

シンちゃん_ガッツポーズ非貫通型オナホールは、挿入ホールが行き止まりになっているものです。
そうです。非貫通型のオナホールは、女性のあそこと同じ構造なわけです。

最も効果的に非貫通型オナホールを使う方法は、勃起したペニスを挿入する時に、ホールの中に空気が入らない様に、手でオナホールを圧迫しながら静かに挿入します。
この様に、空気を入れないで挿入すると、ピストン運動のペニスを抜く方向に移動する時、非貫通型オナホールに、まるで本当の女性の様に吸引されて、女性の膣がまとわりついて来る感覚を味わうことができます。

使用後の洗浄は、少し厄介ですが、非貫通型オナホールの膣口に、左右の手の指を入れてホールを押し広げて、シャワー等で洗い流す事になります。
指を中に入れて、良く洗い流しましょう。体液が残っていたりすると、不潔になります。

形も一般に貫通型に比べて大きいですが(同じ大きさのものもたくさんありますが)、挿入した時の感覚が本当の女性に近いので、シンちゃんとしてはこちらがおススメです。

 非貫通型オナホールのページへ

電動オナホールの使い方

シンちゃん_バンザイオナホールには、凝ったものがたくさんあって、本物にそっくりな形をしたものや、ヘア付きのものまであります。
(ヘア付きはちょっと気持ち悪い感じ...)

色々あるオナホールの中でも、電動オナホールはかなりおススメです。
電動オナホールは、くねり動作したり、振動が加わったりするので、他のオナホールよりも刺激が強いです。
電動なので、両手を使わずにオナホールを使用出来ますし、疲れることなく電池のある限り勃起したペニスを刺激し続けてくれます。

電動オナホールは、最も楽に快感を得られるのですが、何もせずに快感がやってくるこのオナホールの刺激は、本当の女性とは違うものですよね。
この様なオナホールに慣れてしまうと、本当の女性よりもこの電動オナホールが良くなってしまい、彼女はいらない...なんて事に...なってしまうかもです。
要注意ですぞ!

オナドールやラブドールの使い方

シンちゃん_喜ぶオナドールやラブドールは、2穴タイプのものや3穴タイプのものがあって、使い方の幅が大きく広がります。
口に挿入してフェラのできるラブドールはおススメです。
おっぱいやアソコが本物そっくりに作ってあるので臨場感は最高。
後ろからの責めも可能になっています。
体の上に乗る感覚もあって、なかなか良かったですよ!

値段が高くなるのですが、本格的に楽しむなら、オナドールやラブドールが断然おススメです。
ダッチワイフでは大きすぎて場所に困ると思っているあなたには、ぴったり!
下半身から上半身までを模造したロリボディーを再現したものまであり、最高に楽しめます。

 オナドールのページへ

ダッチワイフの使い方

シンちゃん_ガッツポーズダッチワイフは二種類に分けられます。
一つは空気を入れて膨らませるもので、重量感の無いものですが、もう一つは本物の女性(人形ですが)に近いタイプのものです。

空気を入れるタイプのものは、結構安くに手に入れる事ができます。
でも、やっぱり値段なりと言う感じですね。
ものによっては、リアルに近いおっぱいパーツをはめ込めるタイプのダッチワイフもありますが、はやりいまひとつと言う感じです。

ホンモノの人形タイプのダッチワイフは、かなり値段が高くなります。
人形タイプのダッチワイフを家においておけば、一人住まいでも家で待っていてくれますし、二人で暮らしている感覚を得る事もできます。
一緒にご飯食べて、一緒に寝る...って、やっぱり最高!!

でも、虚しさが湧き出てきてしまうのはシンちゃんだけでしょうか?
ダッチワイフまで行きつくのではなくて、オナドールやラブドール辺りで止めておくのが精神的に落ち込むこと無く楽しめる...と言うのがシンちゃんの正直な感想です。

 ダッチワイフのページへ