シンちゃん_納得アナルグッズを特集しました。
もし、あなた又はパートナーが、アナル初心者でしたら、大きなアナルグッズを選ばない様に、十分注意した方が良いです。

見た目で、大丈夫そうだと思っても、初心者の人にとっては、ほとんどのアナルグッズが大きすぎるのです。

いきなり、中級クラスの道具でプレイすると、とても痛い思いをしたり、切れ痔になって出血したりしてしまいます。

必ず、初級クラスの道具でアナルを慣らしてから、徐々に大きなものへ、ステップアップしてゆく事を、おススメします。

最初はアナルプラグから始めます

ボス シリコンストッパー 1
アナル未経験者の人や、しばらくアナルプレイをしていなかった人は、指で肛門をマッサージするところから始めます。

アナル用のローションを、肛門付近と指にたっぷりつけて、マッサージします。

肛門が柔らかくなってきたら、細めのアナルプラグを、アナル用ローションを塗ってから、肛門に挿入してみます。

するっと入ったら、なじむのを待ちましょう。

最初に使うアナルプラグは、凝った形のものでは無く、できるだけストレートで最大直径の小さいものから始めましょう。

直径が比較的小さくても、丸い段々のついたものや特殊な形をしたものは、苦痛を伴います。

この様な形状のものは、ストレートのアナルプラグで十分に慣らしてから使い始めましょう。

安いアナルプラグは、表面がツルツルした柔らかいプラスチック製になっていますが、見た目とは違って表面のすべりが悪く、苦痛を伴う場合があります。

出来るだけ、シリコンなどの素材で出来た、ソフトなさらさら感のあるものを選びましょう。

挿入したアナルプラグは、30分から数時間、挿入したままにして、アナル拡張を進めましょう。

肛門が、アナルプラグの大きさに、しだいに慣れてくると思いますので、少し大きめのアナルプラグに変えてみます。

そして、やはり数時間以上はアナルプラグを挿入したままにしましょう。

アナル拡張の最中に、アナルプラグを挿入しながら外出するなどのプレイをしたければ、タイヨー痔バンドを着用すると、問題なく外出できるようになりますので、お試し下さい。

アナルプラグに慣れたらアナルバイブを試す

アナルプラグで、アナル拡張が進んで、挿入に慣れてきたら、いよいよ、アナルバイブを挿入できる様になります。

アナルプラグで肛門を慣らせておかないと、ほとんどのアナルバイブは、大き過ぎて、痛みばかり味わうことになります。

アナルプラグにバイブを組み込んだものが、アナルバイブです。 アナルバイブには、色々な種類のものがありますので、ショップで選んでみて下さい。

最初は、やはり細めのアナルバイブを選ぶのが良いです。

中には、バイブ機能に加えて、空気を送り込むことで、挿入したアナル内部で風船のように膨らむ機能を備えたものもありますが、かなりの上級者向きです。

この様なタイプのものは、何回押すと、どのくらい膨らむのかを、事前に良く確認してから使って下さい。

すべて「徐々に進めてゆく」と言うのがアナルの道です。

エネマグラでドライオーガズムを楽しむ

エネマグラと言う言葉を聞いた事があると思います。

変な名前ですが、医療器具であった事に由来します。

エネマグラは、アメリカの泌尿器医によって開発された前立腺マッサージ機の名称です。

前立腺をマッサージする事で、古い前立腺液を絞り出す事で、前立腺炎や前立腺肥大症の治療ができます。

エネマグラを使えば、いつもとは違う射精を伴わない形で絶頂を迎える「ドライオーガズム」を体験できると言うシロモノです。

誰でも絶頂を迎えられるかは分かりませんが、前立腺を刺激される感覚は普通では味わえないものです。

一度はトライしてみて下さい。
(注意:これは男性用です。)

本格的にアナルプレイする前には浣腸する

初心者用のアナルプラグを挿入するだけなら浣腸は必要ありませんが、アナルが色々なものを受け入れられる様になってくると、プレイの前に浣腸が必要になります。

浣腸で腸内を洗浄してから、プレイする事で、清潔さも保たれます。